日本人と印鑑の関わり

日本人にとっては、印鑑はなくてはならないものでしょう。非常に価値の高いもので、大事な場面では必ず登場してきます。社会に出ると、3本の印鑑が必要になるといわれ、自分でそろえるだけではなくプレゼントされることもあるのです。 日本人が一人前になり社会に出ると、実印用の印鑑と銀行印、認印の3本はなくてはなりません。そのほかにも、職業によっては修正印があったほうがいい仕事もありますし、認印よりも簡単に使うことができる三文判や浸透印もあると便利です。

こういった文化は、世界中に存在しました。自分のものであることを証明するために使われ、書類の真贋を定めるためにも重要視されたのです。時に権力の象徴ともなり、重要な役職の人間以外持つことができない時代もありました。しかし、この文化もすでに日本ぐらいしか残っておらず、ほとんどの国はサインの文化へと切り替わってしまっているのです。

その中で、日本の印鑑の文化は独自の進化を遂げていったといえるでしょう。単に証明として推すものだけではなく、かわいい絵や文字といったものも手軽に手に貼りますし、それが発達した先としてメールなどに添付するものもあります。丸のものだけではなく、四角いものや楕円のものなどもあり、海外の人がお土産として作るケースさえ出てきているのです。 日本人だからこそ、当たり前に使っている印鑑ですが、様々な側面を持っている道具であるともいえるでしょう。そんな知識を掲載してありますので、参照してみてはいかがでしょうか。

[管理人注目サイト]
印鑑をプレゼントする際に便利な印鑑専門店の通販サイトです > 印鑑専門店「いいはんこやどっとこむ」